日々の雑感や自営の活動記録を書きます。

ももか~ももいろクローバーZ・有安杏果

7momoka

ももクロの有安杏果とは?


ももクロの「ももか」は、アイドルグループ・ももいろクローバーZのメンバーですね。
実際は有安杏果ですが親しみをこめて、あえて「ももか」と書きます。
その方がファンの間では、ポピュラーでもあると思いますからね。

ももクロの緑カラーの担当ですが、当初はピンクが好きで緑はあまり好きでないなどの発言がありました。その後、ファンの温かい声援もあり緑がだんだん好きになってきたとう発言をしています。

ももクロの緑・有安杏果について

ももクロには途中参加であり、タレント暦は長い。
赤ちゃんの頃からの芸能活動のほか、エグザイルのキッズダンサーに参加した経験を持っている。wikiに詳しい内容が書かれていますので、ここではファン目線で、自分なりに書いてみたいと思います。

歌とダンスに特徴があり、「ももか」加入が、ももクロのダンス力や歌唱のレベルアップに影響を与えたことは否定できない事実でしょう。運営が「ももか」の途中参加を決めてのも歌、ダンスの強化が目的であったと言及していたのを記憶しています。

有安杏果の自己紹介のパターン

ももかの自己紹介のパターンは、途中参加ということもあってか、手探りで作られていった様子が伺えますね。youtubeやustreamなどでチェックすると、途中でリニューアルされているようです。

このへん、リアルタイムで見ていなかったので、途中、変遷があるかもしれませんが、次の2パターンは確認できました。後のパターンがほぼ完成形ですね。時間が限られているももクノや尺の短いテレビでは、ショートバージョンが使われることもあります。

ももかの自己紹介、当初のパターン

ちっちゃいけれど~大きな元気~
みんなに、みんなに~笑顔を届けるよ
ももかは、ハツラツももパワー~
ももかは、ハツラツももパワー~

ももかの自己紹介、現在のパターン

ちっちゃい~けれど~元気で~(ありやーす!)
ちょっぴり~おバカな?ももかで?(ありやーす!)
最後に~みんなで~一緒に~(ありやーす!)
ももクロのちょっぴりおバカな小さな巨人、有安杏果
高校3年生の17歳です。

有安杏果の特徴・性格・魅力

  • 有安杏果の特徴「ももかくど」
  • 有安杏果のファンを大切にする姿勢
  • 有安杏果の涙もろさ、感受性
  • 有安杏果の歌のうまさ、ダンスのうまさ

有安杏果の特徴「ももかくど」

小さい(身長148cm)。身長が伸ばすために涙ぐましい努力をしてきたと本人が言っているが、努力は実らなかったようです。学校のプールの深さに負けてしまうと語っている(極楽門のDVD特典映像にて)。ももかの身長が低いことについては、その後は、チャームポイントとして本人も扱えるようになったとustreamで発言した。
エラ張っていることを気にしているようだが、川上マネージャーからは「コンプレックスが大きな武器になる」と指摘される一方で、写メの写る角度がいつも一定(この方が可愛く?しっくりくるとのこと)で、「もも角度」なる言葉がファンの間で作られることになる。

有安杏果のファンを大切にする姿勢


有安杏果のブログ更新頻度と几帳面さについては、特筆すべきものがあります。とにかく丁寧でファンへの思いやりにあふれている。もともと話しがまとまらないと言われ、それが文章に表れていたが、それにも増して、グループ一の更新頻度とファン思いの文章である点が評価され、好意的なファン多数。ももクロに興味をもった人がいきなり有安ももかのファンになるのかというと、そうでないかもしれない。しかし、いったんファンになると、どっぷりとつかって抜け出せなくなるくらい不思議な魅力が有安ももかにはあります。これは個人的な意見です。ちなみ、筆者はももか推しなので、記事が偏向しているといわれても否定できないかもしれません。

有安杏果のブログ「ももパワー充電所」から、、、、
いつもパワーもらってます。ブログの更新も頻繁で、コメントもしっかりチェックしてくれて、ファンの気持ちを汲み取る努力がグループで一番ではないでしょうか?ファンはこれだけしてもらったら嬉しいでしょう。という感じがします。
筆者自身もももかのブログは楽しみで、更新されない日はちょっぴり寂しい。だからといて、ももかに負担もかけたくないので、不満は言わずにじっと更新されるのを待つのです。

有安杏果の涙もろさ、感受性


有安ももかは、ライブでは必ず泣いている印象、あのユーミンが西武ドームライブを見て、「感受性が強いので、女優に向いている」と発言していた(ラジオ オールナイトニッポンにて)。

有安杏果の歌のうまさ、ダンスのうまさ


エグザイルのキッズダンサー出身ということもあり、ダンスのうまさに定評がある。加入によりももクロのダンスレベルが向上し現在のももクロのスタイルが出来上がったというのが多くのファンが語ることですね。歌のうまさにも定評があり、グループでの歌唱を支えている。

有安杏果のトピック

有安杏果の声帯治療


有安ももかは、声帯治療のためしばらく声を出せません
2012年に紅白歌合戦に出場を果たし、2013年の元旦にustreamで、有安ももかは喉(声帯)の治療のために1ヶ月間、声を出せないことを告知しました。ブログから、過去にも声帯結節で入院経験がありますね。もともとハスキーボイスで、それが魅力のひとつでした。今になって思えば、Zになってから荒ぶる歌い方が喉に負担をかけていたのではと、ちょっと心配してしまいます。しかし、ファンの間では、早い復帰を望む気持ちはあるが、ももかに負担をかけてはいけないと、おとなしく見守るということで概ね意見が一致しているようです。その後、治療期間が2013年3月まで延長され、日常生活での発声はOKなのですが、喉に負担をかけない発声方法など、ボイストレーニングに励むということでした。ここはひとつ喉に負担をかけないように、しっかりと直して復帰し<て欲しいものです。それまで待つよ~ 2013年3月声帯治療が完了したことが報告されました。 以降、歌声は安定しており「ももクロ」の歌を支えていると言っても過言ではないでしょう。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る